2011年01月31日

漢方薬を利用する

漢方薬を用いると、にきびをしっかりケア出来ることをご存知でしょうか?にきびそのものは、ストレスや食習慣、肌質やホルモンバランスなどの様々な原因で起こるものです。つまり、外的要因以外で発症するにきびをケアするには、体質改善することが大切です。

漢方薬を利用すると、体の中に働きかけてにきびをケアしたり、にきび跡の色素沈着などケアすることが出来ます。顔に出来るにきびだけなく、手が届きにくい背中のにきびのケアを治すのにも有効です。

但し、漢方は時間をかけてじっくり服用するものが中心です。つまり、即効性があるわけではありません。そのため、素人判断で薬を選ばず、漢方専門店などで相談するのが一番です。



Sign: 薬 CREATE / CoCreatr
【関連する記事】
posted by にきび博士 at 23:41| Comment(0) | ニキビのケア対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。