2011年02月16日

背中のにきび

顔のにきびで悩んでいる人以外に、背中のにきびで悩んでいる人もいます。背中のにきびは、背中の皮膚の毛穴に余分な皮脂が詰まって皮膚が化膿することで発症します。

例えば、背中に汗をかいた後そのままにすると、アクネ菌が繁殖しやすくなるため、背中ににきびができやすくなってしまいます。また、化学繊維の下着などを着用した状態で、汗がたまりやすくなっていると、にきびができやすい状態となります。厄介なのは、アクネ菌や皮脂や汚れというのは、何かに付着した状態だと、背中ににきびを作りやすくさせてしまうことです。

そのため、背中のにきびを放置しておくと、にきびの跡ができてしまうで、とてもが厄介です。にきびが悪化するとにきび跡ができるのは、顔も背中も同じです。にきびが跡になるまで悪化することのないよう、背中のにきびの原因となる汗や皮脂を防いで、にきび跡のない美しいものにしていきましょう。
posted by にきび博士 at 20:56| Comment(1) | にきび跡の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これいいですね!
Posted by ミシャ at 2011年02月17日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。